poly performance〜鈴木禎久

1月9日(土) 「3連休の初日」と気づいたのは鈴木禎久(よしひさ)(g)のMCでだった。「成人の日」が11日だそう。且つて15日だった成人の日、今は第2月曜?のようだ。連休を増やす政策と思うが、月曜日の祝日が多過ぎて特に学校などカリキュラムの絡むところでは色々問題がありそう。僕は個人的にはあまり歓迎しないな、この祝日政策。

鈴木禎久に最初に会ったのは…20年ほど前だろうか。飯田ジャズスクールで個人レッスンをやっていたが、そこへ「道場破り」に来たのだ(笑)。(とは、本人もMCで言っていたので)

「見学に来ました」と言いながらギターを持って弾く気満々で来たのでジャムったが、実に上手で、本気で「教えることないな」と思った。この写真からわかるかどうかはわからないが、彼の「POLY Performance』は、ギター/キーボードを、足鍵盤のベースと、「ボイパ」と云う「口ドラム」とでつまり一人バンド状態での演奏である。「ボイパ」のクオリティも高く、ベース鍵盤も「ベースソロ」までやってのけるほど。ギターは勿論巧いが、鍵盤もまた巧いのでただでさえ面白いのだが、自らの演奏にリンクして全てが動いて行くことを巧く音楽的に昇華させているのが素晴らしい。音質や音量のバランス、シンセの音色なども実によく作り込まれていて見事なパフォーマンスだと思う。ちょっと落語っぽい雰囲気も僕は好き。またやってもらいたい。(矢堀)